MENU

ミスティナイトブラを妊娠中に使うメリット・デメリット!

みやめこプロデュースのミスティナイトブラは妊娠中に使うとデメリットある?

この記事ではそんな疑問にお答えし、妊娠中にミスティナイトブラを使うメリットや注意点についても解説しています。

どんどんと大きくなる胸を放っておくと、産後に悲しい思いをする事になるかも・・

そんなこちにならないためにも、注意点を守ってしっかりとバストケアをしてあげましょう。

\産後も綺麗なバストをキープ/

▶︎お得な15%オフキャンペーンを見てみる

目次

ミスティナイトブラは妊娠中に使っても大丈夫?

ミスティナイトブラは妊娠中に使っても大丈夫?

妊娠中〜産後は胸が数カップ大きくなることがあるので、ナイトブラでサポートしたいと考えている人も多いでしょう。

公式サイトではミスティナイトブラを妊娠中・授乳中に使用することはできる、と書かれています。

aiko

ノンワイヤーで負担が少ないので通常のワイヤー入りブラよりも楽に着用できるからなんですね

しかし、他のメーカーでは妊娠中のナイトブラ 使用をおすすめしていないところもあります。

いったいどのような理由でおすすめしていないのかを調べてみたので、ミスティナイトブラの購入を検討している方はご一読くださいね。

ミスティナイトブラを妊娠中に使うデメリット

ミスティナイトブラを妊娠中に使う事によるデメリットは2つあります。

デメリットと言っても妊娠中の胸の大きさや体型変化には個人差があるので、全ての人に当てはまるわけではありません。

寄せることで胸に痛みを感じてしまうかも

ナイトブラはノンワイヤーで胸への負担が少ないとはいえ、妊娠によって大きくなった胸をぎゅっと寄せることで痛みを感じる人もいるでしょう。

妊娠中のバストはとても敏感になっています。

わたしも妊娠初期はこれから胸が大きくなろうとすることで痛みを感じましたし、妊娠後期は「もう母乳出すぞ!」といった具合に胸が張って痛みを感じることもありました。

aiko

胸の痛みには個人差があるみたいですね

もしもあなたがノンワイヤーのマタニティブラを着けている状態で胸の張りや痛みを感じるタイプであれば、ミスティナイトブラの使用は控えた方が良いでしょう。

締め付けが苦しくなってしまう場合も

上記で説明した痛みを感じることの他に、ナイトブラによる締め付けを苦しく感じてしまう場合もあります。

妊娠中の体型は少しずつ変化し、自分でも驚くほどにふっくらして脂肪がついたりします。

それに伴い胸の大きさも変化するので、妊娠初期に買ったミスティナイトブラがどんどんキツくなってしまうことも・・

aiko

わたしは妊娠中期からナイトブラ を使ったので、締め付けが苦しいと感じることはありませんでした

ナイトブラを妊娠初期、中期、後期のいつ買うかでサイズも変わるので、締め付け具合も変わってくるでしょう。

おすすめの購入時期は「ミスティナイトブラを妊娠中に使う際の注意点5つ」の項目内で解説しています。

ミスティナイトブラを妊娠中に使うメリット

ミスティナイトブラを妊娠中に使うメリット

ミスティナイトブラを妊娠中に使うデメリットはありますが、もちろんメリットもあります。

j異聞の体系や胸の大きさに合ったサイズを使えば、ミスティナイトブラはどんどん大きくなる胸をしっかりサポートしてくれること間違いなしです。

大きくなった胸を支えてくれる

妊娠中は数カップサイズが大きくなる人もいるほど、胸の大きさが変わります。

元々胸が小さくても、「全く変わらなかった!」ということは無いのでは?

大きくなった胸をそのまま放置しておくと、胸の重さに皮膚が耐えきれずに垂れ乳になってしまったり、クーパー靭帯を損傷してしまう可能性があります。

クーパー靭帯とは、胸の形を丸く保つために引き上げてくれている靭帯のこと。

ミスティナイトブラとクーパー靭帯

このクーパー靭帯が伸びたり切れたりして損傷してしまうと二度と元に戻ることはありません。

夜寝ているときにも無理な体勢で寝てしまい、痛めてしまうこともあるんですね。

特に妊婦さんは「心地よい寝相」を探すために試行錯誤しがちです。

寝るときの体勢によってクーパー靭帯を痛めないためにも、ナイトブラ が活躍してくれるのです。

背中に肉が流れるのを防げる

妊娠中は脂肪がついて体型が変わりやすいことはお伝えしましたが、大きくなった胸のお肉が背中に流れている可能性もあるってご存知でしたか?

これは妊娠中に限らずですが、人間は仰向けに寝ることで胸が背中に流れやすくなっています。

aiko

背中についたお肉は、実は元々胸だった可能性もあるんですよ!

妊娠によって大きくなった胸が寝てる間にどんどん背中に流れてしまうことを防いでくれるのがミスティナイトブラです。

ミスティナイトブラを妊娠中に使う際の注意点5つ

それでは、ミスティナイトブラを妊娠中に使う際の注意点を5つご紹介します。

 

胸の形が崩れたり、産後垂れるの嫌だし!

という気持ちはとてもわかりますが、無理してまで着用しないでくださいね。

1.妊娠後期は医師と相談して

妊娠後期からミスティナイトブラを使用する場合、担当医師に必ず相談するようにしてください。

この記事の冒頭でもお伝えしましたが、ナイトブラ による締め付けで体調不良を起こす可能性もあります。

医師はあなたの妊娠経過を理解しているので、「今は締め付けるような下着はやめた方が良い」などのアドバイスをくれることもあるでしょう。

使用しても問題ないことを確認してから購入してくださいね。

2.長時間つけっぱなしにしない

ミスティナイトブラは寝ているときの胸の動きをサポートするためのアイテムです。

妊娠中に大きくなった胸を支えたい!と思っても、日中もずっと付けっ放しにするのは控えた方が良いかもしれません。

日中は歩いて軽い運動をすることが多いと思います。

妊婦さんは疲れやすく、妊娠中期からお腹が大きくなってくると歩くだけで息切れをすることも・・

ミスティナイトブラは胸を寄せてサポートする作りになっているので、息苦しくなってしまう可能性もあります。

体調と相談しながら使用してくださいね。

3.サイズが合わなくなったと感じたら使用をやめる

妊娠中はバストサイズが変化しやすいです。

妊娠初期に購入したミスティナイトブラは、中期をすぎるあたりからどんどんキツくなってくるでしょう。

サイズが合わなくなってきたと感じたらすぐに使用をやめて下さいね。

締め付けて息苦しくなってしまう可能性もありますし、胸のサポートにも良い影響を与えません。

4.産後バストサイズが変わる可能性は理解しておく

胸のサイズは妊娠中にどんどん大きくなり、産後は母乳を出すために胸が張りやすくなります。

わたしは妊娠後期〜産後しばらくはほぼ胸の大きさは変わりませんでした。

ただ、産後に一気に痩せる人もいたり、母乳をやめると胸がしぼみやすくなります。

産後はバストサイズが変化しやすいので、ミスティナイトを購入する時期は検討した方が良いかも。

個人的な体感ですが、表にまとめてみました。

ミスティナイトブラを使うオススメ時期

わたしがミスティナイトをオススメする時期は、

⑴妊娠後期〜産後(1歳過ぎまで)の爆乳期

⑵卒乳間近からの貧乳期

の2つの時期です。

⑴の爆乳期は、大きくなった胸を重さから支えるために使用。

⑵の貧乳期は、卒乳後に胸がしぼんで垂れてしまうのを防ぐためです。

この2つの時期は明らかにブラのサイズが変わるので、両方の時期で使いたい方は都度バストサイズを測って合うサイズを着けるようにして下さいね。

ちなみに、母乳の時期はすぐに授乳しやすい授乳ブラが良いですよ。

ミスティナイトだと授乳しにくいと思います。

5.洗い替えを用意して清潔に

ミスティナイトブラを毎日使用して胸をサポートするのであれば、洗い替え用に数枚用意しておくことをオススメします。

毎日洗濯していればその分ヨレッとするのも早いですし、洗い替えがあることで清潔感も保てます。

今ならミスティナイト発売記念で、まとめ買いをするほど安くなるキャンペーンを実施中です。

最大15%オフとかなりお得に購入できるので、この機会を逃さないでくださいね。

▶︎ ミスティナイトの15%オフキャンペーンはこちら

産後の胸を守るために妊娠中のミスティナイトブラはオススメ

ミスティナイトブラを妊娠中に使用するメリットやデメリット、使う際の注意点についてまとめてご紹介しました。

胸の小さな人も大きな人も妊娠中にバストケアできる人はしておいて損はありませんよ。

私は出産してからしばらくナイトブラの使用をやめていましたが、卒乳間近になって胸がめちゃくちゃしぼんできた事に気付き、慌てて着け始めました。

aiko

産後のバストを綺麗に保てるかどうかは妊娠中から決まっているかも・・!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる